ゲーム製作

2015年5月26日 (火)

創作は諦めが肝心

アクツクの話。

こういうのを作りたいと思っていたメニュー画面のシステムは
ツールの仕様上実現不可能という結論に至った。

数時間色々試してみたけど諦めたほうがよさそうだ。

  1. メニューウィンドウを開く
  2. 所持しているアイテム一覧が表示される
  3. カーソルをアイテムに合わせる
  4. 決定ボタンを押すとアイテムの詳細が表示される

作りたいものって言ってもたったこれだけなのに!
4がどうやっても無理だった。


無理矢理なんとかできそうな方法はあったけど、その方法を使うと今度は
まだ入手していないアイテムの詳細が最初からいきなり全部見えてしまうという
とんでもないことになる。それはさすがに無いわ。

とりあえず3と4は無しの方向で進めてみるか。

2015年5月 7日 (木)

ちょっと進んだ

アクツクの話。

さっさと読み飛ばしたら1分以内で終わるような簡素なオープニングの処理を
作るだけで5時間くらいかかった。どういうことなの・・・?

これはこういう感じで作れば形にできるだろう、というのが頭の中にあったのに
それでもクソ時間がかかるってのはなかなか悔しい。

どうすりゃいいのか見当もつかないような処理に手を付けたらどうなるんだこれ。

やりたいと思っていることがほんとに実現できるのか不安になってくる。
一応今回は最終的に思った通りに動いてくれて良かった。これで少しは進められたな。



ところで今のところ自分の中でアクツクの最高難度ポイントはメニュー画面を作るところだ。

ほぼ全てのRPGに当たり前に搭載されているような、例えば「アイテム」にカーソル
を合わせて決定キーを押したらアイテム一覧が表示される、ってシステム。

わけわからん上にヘルプにも作り方が書いてないのがつらい。
でも今自分がやりたいと思っていることを実現するにはここは避けて通れない。
逆に言えばここさえクリアできれば完成まで持っていける確率が格段に上がるはず。
なんとか実現したいところなんだが・・・

2015年5月 5日 (火)

思い出した

GWもう2日しかない!?なんで!?
競馬外れた後は寝るか食うかあいぽんで忍ツクしてただけだわ。

だが忍ツクのおかげでとても大切なことを思い出すことができた。

クソみたいな初見殺しのステージを公開するやつ。
大量に敵キャラ配置して処理落ちしまくるステージを公開するやつ。
ハマって動けなくなるような地形のあるステージを公開するやつ。
侵入すると脱出できなくなるエリアのあるステージを公開するやつ。

でもそんなステージに出くわすとフフッってちょっと笑ってしまう。
市販のゲームじゃ味わえないこの感覚。


そう、思い出したんだ。
作ることの楽しさ、喜び、そして怒りと悲しみを―――
うん確かこのフレーズ前にも書いた。

気付けば最後にゲーム製作カテゴリでブログ更新してから1年以上経過しているとはね。

20150505
NPCの皆さんの部屋の中スッカスカやな。
部屋の中にどういったものを置くか、意外と思いつかないものだ。

2014年2月24日 (月)

色々と難しい

ペンタブってちょっと使わなかっただけですぐ挙動がおかしくなるな。

ドライバを最新にしたら直るんだけどさ。そのことを知らなかったときは
買ったばかりなのに速攻潰れたと思って焦った。
まあペンタブなんて滅多に使わないんだけど。

一昨年に作った脱出ゲームのグラフィックも全部マウスで描いてたし。

でもせっかく持ってるんだし自作ゲームのグラフィックを描くのに活用して
みようかなと思って使ってみたが慣れてないせいでめっちゃ使い難くて
結局マウスで描いてた。

ということでスクリーンショット!
20140225_004033

もう時間かかりすぎてヤバイ。
くっ・・・俺にもっと絵心があれば・・・!

そんな中、NPCの歩行グラフィックを描く時間を短縮する方法は思いついた。
それはNPCを歩行させないことだ。

2014年2月 3日 (月)

まだ諦めてない

ニコニコには凄いアクツクラーがいるな。
ちなみにアクツクってのはアクションゲームツクールのこと。

動画見てもどうやって作ってんのか全然分からんかったが
やろうと思えばかなり凝ったこともできるということは分かった。
あそこまで使いこなせたら楽しいだろうなと思いながら見てた。

まあ使いこなせなくてもそれなりに楽しいけどさ。
こないだの土日に色々作業してたけど、たかがダッシュを実装するだけでめちゃくちゃ時間かかった。
やり方が分かってしまえば簡単だったけど。

できたは良いが簡単にできるだろうと思ってたところで手こずると段々不安になってくる。
だが・・・まだやれる・・・!

とりあえず今作ってるやつのジャンルは
横スクロールアクション風探索型アドベンチャーにすることにした。
まずやろうと思ってることがこのツールで実装可能かどうかが分からんという問題があるけどな。

2014年1月10日 (金)

2014年の目標

ちょうど1年前、確か2013年の目標は何かしらのゲームを作ることだとか書いたと思う。

別に忘れたわけじゃないし、無かったことにしようとしてる訳でもない。
実は作り始めては消し、作り直しては消しを繰り返してた。
どうも完成までいかないんだよな。


ところで自分で描いた絵が動いたり飛び跳ねたりする様子を眺めるのは
思いのほか楽しい。

何のアイテムも無い、何のイベントも起こらない、ただ動くだけの
クソゲーでも、それが自分で描いた絵なら延々プレイしてられる。

ちなみに最近作ってるやつのスクリーンショット。
20140110_021724

冷蔵庫の上に乗れる!しかも開けることもできる!
これ1時間くらいひたすら冷蔵庫を開けたり閉めたりしてたからな。


ということで2014年こそ何かしらクソゲーを完成させたい。

2012年10月31日 (水)

進捗状況

進捗。これは「しんちょく」と読む。
まあインテリの俺は余裕で知ってたけどね。2年くらい前から余裕で知ってる。


実はまたチマチマと自作ゲーを作り始めてるんだけど
何か一向に進む気がしない。

進捗状況が1日に0.01%くらいしか進んでないんじゃね?てくらい進まない。

グラフィックを用意するのがマジできつい。
最低でも見た目だけは前作よりクオリティを上げたいところなんだが・・・

2012年8月15日 (水)

どうすれば・・・

作ることの楽しさ、喜び、そして悲しみを思い出した俺は
とりあえず心を落ち着かせる為にスロットを打ちに行った。

すると、12000円投資したところでART突入。
何度か上乗せとBIGが入り、メダルを交換したら12200円に!

よっしゃー!!!200円儲かったぜ!




それはそうとちょっとだけアクションゲーム風のマップを書いてみた
んだけどなんでこんな硬い感じになるんだろうな。


なんか何十年も前のゲームをさらに何十年分もレトロ化したみたいになるわ。

120815 ←この描いたやつを  適当に配置→120815_2

マリオっぽい柔かな雰囲気?にしたいんだけど・・・
一体どうすればいいんだ・・・

ていうか上下左右どこにくっつけても繋がる、いわゆるループする
タイルっての描くの難しいな。
もっと簡単に描く方法はないのかね。

2012年6月14日 (木)

ごめんなさい

脱出ゲーム紹介サイト様の掲示板を見てみると、どうやら先日公開した脱出ゲーの
アイテム取得が1クリックではできない人がいるらしいことが分かりました。

自分のPCでは普通に取得できるので正直原因が全くわからんです。


これはあれだ、アクツクのせいだ。多分。
そうだとしたら今後アクツクで作る限りずっと同じ症状が出ることになるな。

とりあえず次回があるか未定ですが、あったとしてもクリックし倒して隠された
アイテムを探す系の内容にするつもりは無いので大目に見てやってください。


それ以外に反省点としてはミニゲームに色々表示させすぎて
ちょっと重くなってしまったことかな。

次はそういうのは無いようにしよう。いや、何度も言うけど次あるか分からないけどさ。
作るのほんと時間かかるしなぁ。







つーかまだ生き残ってるアクツクラーの方にも作ってもらえるように
アクツクでの脱出ゲーの作り方講座を作ればいいのでは!?

いや、でもその為にもう1本作る必要が出てくるし迷うところだな。
去年作ったやつレベルならすぐできるんだろうけど・・・

2012年6月 8日 (金)

脱出ゲームっぽいゲーム2

完成しました!

脱出ゲームっぽいゲーム2

Escape2_ss1

一発ネタのつもりで2週間くらいで適当に作った前作とは違い
今回は割と本気で作りました。

難易度、ボリュームその他諸々と前作より1.5倍くらいにはなってると思います。
そして無駄にマルチエンドです。

ちなみに前作同様アクションゲームツクール製。
内容はともかく、世にも珍しいアクツク製フラッシュゲームです。

よかったらやってみてね!

より以前の記事一覧

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ゲーム紹介サイト様

ブログ村

  • にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりぼっち日記へ
  • にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングプア日記へ
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram

  • blogram投票ボタン